高野三山と女人道

女人道(大門〜中の橋)

大門から女人道へは国道を横切って向かいにある大門案内所の左横の道を入っていきます。ここには龍神口女人堂跡があり、すぐ先にあるお助け地蔵尊から左へと細い山道に入っていきます。杉林の中の暗い道ですが、左手に民家も見えたりして町中の道と並行して奥の院に向かっているのがよく分かります。これから先舗装路に出たりとか紛らわしい分岐がたくさんありますが、すべて道標が完備されているので迷うことはありません。地図を見るのも現在位置を確認するぐらいなものです。

女人道大門から女人道へは大門案内所横の「お助け地蔵尊」の標識が目印になります。

女人道すぐに龍神口女人堂跡があります。

女人道「お助け地蔵尊」の横から細い山道に入っていきます。お助け地蔵は一言地蔵とも呼ばれ、一つだけ願いごとを叶えてくださるといいます。

女人道暗い細い山道です。

2度ほど舗装路を過ぎて道標に従って木橋を越えると今回で一番きつい登りが待っています。右手の山はすっかりと伐採されて禿げ山になって高野山らしくない景色の中をグングンと登って行きます。振り返れば根本大塔やその左には弁天岳が見えますし、右側が禿げ山状態なので途中や登り切ってからの遥か遠くにつづく山並みの眺望が素晴らしいです。

女人道右手がすっかりと伐採された禿げ山の中を登っていきます。

女人道

女人道振り返ると根本大塔と左に弁天岳が見えます。

女人道遥か幾重にも重なった山並みです。

女人道

禿げ山ピークから少し下って相の浦口女人堂跡を過ぎるとまた登りです。ここから大滝口女人堂跡との中程のピークからも展望が開け、護摩檀山や遠く大峰の山並みが見渡せます。また、果無山脈が視界に入り遥か熊野へとつづいています。

女人道相の浦口女人堂跡からもまた登りの階段がつづきます。

女人道雪に覆われた大峰の山々は人を寄せ付けない険しさを感じさせます。

女人道護摩檀スカイタワーはすぐの近くに見えます。

大滝口女人堂跡まで下るとしばらく単調な林道(熊野本宮へとつづく小辺路で、大滝口女人堂跡のろくろ峠が起点)歩きがつづき、この道でいいのか不安になった頃、小辺路との分岐を示す道標に誘われて左の小道へと入ります。

女人道大滝口女人堂跡です。ここはろくろ峠と呼ばれ熊野本宮へとつづく小辺路の起点です。ここから山内の堂宇を拝もうと女性たちが首をろくろのように伸ばしたといわれています。

女人道林道歩きは長く感じます。

女人道林道(小辺路)と分かれて左の細道へと入っていきます。ここからは下りです。

小辺路との分岐からはしばらくは急な下り坂で小川を越えて地蔵尊の所で円通律寺を左に見て、広い道を少し下って電柱の所で道標に従って左の細い道に入ります。少し登った所が弥勒峠で大峰口女人堂跡があり、ここからはしばらく平坦な尾根道を歩きます。あとはずっと下りがつづいて最後に急な下りをこなし、大峰口への立札を見るとすぐ先は中の橋駐車場で、そのトイレの横に出ます。

女人道どんどん下って、小川を渡ります。すぐに広い道に出て円通律寺を左に見て下っていきます。

女人道女人道は何回も登ったり、下ったりとけっこうしんどい道です。

女人道大峰口女人堂跡。大峰口は吉野より大峰山、洞川、天川を過ぎ高野山へと辿る道で弘法大師が高野山へ初めて入ったのがこの道だといわれています。

女人道平坦な尾根道をしばらく歩きます。この先は急な下りがつづき、奥の院近くの中の橋はもうすぐです。

女人道中の橋に出て振り返って見た所です。右側が中の橋駐車場のトイレ。こちら側から行くと入口がちょっと分かり辛そうです。